職場がおうちへやってきた

職場がおうちへやってきた 第2回 - サクセスストーリー

[2009年4月30日掲載]

人生、無駄じゃない!

小川忠(おがわ・ただし)。彼がいなかったら恐らく、OKIネットワーカーズもOKIワークウェルも存在しなかったであろう。最大のキーパーソンだ。

OKI社会貢献推進室の木村良二室長を驚かせたのは、忠が、口にくわえたスティックでパソコンを操作していたことである。重い頚椎損傷で、上肢下肢ともにまったく動かすことができない。そんな状態でパソコンに向かう。にわかには信じがたい光景であった。

1986年3月26日、その事故は起きた。春休みを過ごしていた忠が、オートバイを運転中に大型トラックと衝突したのだ。忠は救急車で病院へ運ばれたが、その重篤さから、さらに医療設備の充実した別の病院へと転送された。そこで緊急手術を受けるのだった。

数日間は人工呼吸器が手放せず、ただ朦朧(もうろう)としていた。徐々に意識がはっきりし、身体が動かなくなっていることに気がついた。言葉を発することさえできない。忠は現実を受け入れられず、いつか回復するものと信じていた。だが次第に、回復の見込みがないことを感じ始める。すべてに見捨てられたような絶望感を味わうのだった。

〈一生、ベッドの上なのか……〉 自暴自棄になりかけた時、忠を笑顔で支えてくれた人々がいた。両親、そして弟想いの姉である。医師やナースも優しく朗らかに接してくれた。その雰囲気によって、忠は絶望の淵に立ちながらも、自己を失うようなことはなかった。

受傷から一年が経ち、忠は長野県にあるリハビリ専門病院に移った。残された機能を120%活かして、日常生活に戻れるようにという目的であった。山々に囲まれ、のどかで、空気のきれいな場所だった。清廉な忠はそこでも暖かく迎えられ、日々を明るく過ごした。

何より、パソコンに詳しい作業療法士や患者仲間がいたことが、忠に希望をもたらすことになる。あごと呼気で動かせるテレビゲームで遊んだり、わずかに動く肩の力で腕を振ってパソコンのキーボードを打ったり、そんなところに楽しみが見いだせたのである。

〈こんな自分にでも、できることがあるんだ〉 とりあえず、その日、一日を生きてみよう。二年半後にリハビリ病院を退院する頃には、忠はすっかり前向きになっていた。

1995年。忠は、パソコンをもっと詳しく知りたいと希望し、社会福祉法人東京コロニーの催す“重度障害者在宅パソコン講習”の受講を始める。忠は自分の身体に鑑みて、就労はできないと思っていた。パソコンの技術を身につけ、第二種情報処理技術者、初級シスアドといった国家試験に合格する。忠は、それでじゅうぶん満足だった。

講座の修了から、数ヶ月が経ったある日。忠に、東京コロニー・職能開発室の堀込真理子課長から電話がかかってきた。

「HTML作成の仕事があるんです。やってみませんか」 四次元ポートという会社が、決済端末機を使った通信販売サービスの提供を計画している。その画面に表示するコンテンツを作ってほしいというのだ。

忠はそのオファーに戸惑った。〈仕事となると、作るものに、それなりの責任を持たなくてはならない。それだけの能力があるかどうか……〉

その時は何気なく聞いていたが、四次元ポートというのは、OKIが出資に参加する企業でもあった。忠への仕事をそこに選んだのは、障害者の在宅雇用を模索していた木村だったのである。この話に、忠が「何事もチャレンジだ、あたって砕けろ」と飛び込まなかったら、あるいは木村の挫折をも生み出したことであろう。

忠の作ったコンテンツは、すこぶる好評だった。木村は、忠の仕事ぶりに目を見張った。どんな重い障害があっても、高い技術力があれば、こんなふうに仕事ができるのだ、と。

続いて忠は、木村の発注したOKI社会貢献推進室のホームページを手がけた。このことで、忠に、大きな転機が訪れる。木村とそのスタッフが、忠をOKIで在宅雇用しようと動き出したのだ。就職へのプロセスが、トントン拍子に展開していく。本人が気持ちを整理する暇もないほどだったという。実際には難航し、一度は断念を余儀なくされた動きでもあった。しかし、木村らの弛まぬ努力が実を結んだのである。

忠は、東京コロニーで一緒だった中島、樗木と共に、OKIの社員となった。それは同時に、OKIネットワーカーズの誕生でもあった。〈自分の人生、無駄じゃないんだ!〉 胸がおどった。両親も、おおいに喜んだ。

忠は今日もスティックをくわえ、熱い眼差しで会社のパソコンに向かう。目標は、あえて持たないことにしている。とりあえず一つずつ、目の前のやるべきことをやる。これが、忠が長い在宅勤務で得たポリシーである。

ページの先頭へ



Pickup Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ