現在位置:Home > 企業情報 > 職場がおうちへやってきた


企業情報

職場がおうちへやってきた OKIネットワーカーズ物語

「職場がおうちへやってきた」が単行本になりました。

書籍名は「日本でいちばん働きやすい会社 ~OKIネットワーカーズ物語~」。Webに掲載した内容を大幅に加筆・修正すると共に、ワークウェルコミュニケータ開発の経緯や、知的障害のある社員が取り組む名刺制作なども紹介しています。また、出版を記念して「重度障害者在宅雇用セミナー in 佐久」を開催しました。

告知用チラシ

1998年、OKIは企業としては初めて、重度身体障害者の在宅雇用制度を打ちたてました。これによって、重度身体障害者の在宅勤務チーム「OKIネットワーカーズ」が発足しました。

OKIグループ数社もこの雇用制度を採用し、OKIネットワーカーズはメンバーを増やしていきました。OKIネットワーカーズは、ホームページの作成をはじめとするソフトウェア関連の仕事をこなし、その確かな技術力が広く認められるまでになりました。

2004年、なお一層の障害者雇用を図るため、各社のOKIネットワーカーズを集結した新しい会社が誕生しました。それが「株式会社沖ワークウェル」(通称OKIワークウェル)です。

OKIネットワーカーズの誕生から10年。そして2009年4月、OKIワークウェルはおかげさまで創立5周年を迎えました。この機会に、これまでの取り組みと、メンバーのサクセスストーリーを連載でご紹介します。

概要

タイトル
職場がおうちへやってきた ~OKIネットワーカーズ物語~
連載期間
2009年4月~11月
連載回数
全14回
毎月2回発行(初回は4月13日公開)
発行
OKIワークウェル

執筆者の紹介

土屋竜一の似顔絵

  • 土屋 竜一
    OKIワークウェル IT事業チーム
    (OKIネットワーカーズメンバー)
    デュシェンヌ型筋ジストロフィー。人工呼吸器を装着しながら在宅勤務。

職場がおうちへやってきた 目次

プロローグ
(2009年4月13日)
第1回
特集・ワークウェルコミュニケータ(2009年4月13日)
第2回
(2009年5月1日)
第3回
(2009年5月19日)
第4回
(2009年6月2日)
第5回
(2009年6月16日)
第6回
(2009年7月1日)
第7回
(2009年7月16日)
第8回
(2009年7月30日)
第9回
(2009年8月18日)
第10回
(2009年9月1日)
第11回
(2009年9月16日)
第12回
(2009年10月8日)
第13回
(2009年10月15日)
第14回
(2009年10月29日)
エピローグ
(2009年10月29日)

内容に関するお問い合わせ先

ご意見、ご感想等がございましたら、以下のフォームよりお寄せください。
お問い合わせフォーム
Get Adobe Reader
PDFの閲覧にはAdobe Readerが必要です。Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

ページの先頭へ