現在位置:Home > 企業情報 > OKIワークウェルの社会的役割 > キャリア教育の出前授業 > 東京都肢体不自由特別支援学校進路指導連絡協議会主催の在宅就労(テレワーク)体験会の様子


企業情報

OKIワークウェルの社会的役割キャリア教育の出前授業

東京都肢体不自由特別支援学校進路指導連絡協議会主催の在宅就労(テレワーク)体験会の様子

OKIワークウェルは2018年2月19日、東京都肢体不自由特別支援学校進路指導連絡協議会の要請を受け、在宅就労(テレワーク)体験会(注1)に講師として参加しました。

今回の体験会は、東京都立北特別支援学校と東京都立けやきの森学園と同時開催。東京都立北特別支援学校に6名、東京都立けやきの森学園には、14名の生徒が、都内の学校から集まりました。

職場体験では、実際に遠隔地(北海道、香川県)で勤務している社員とコミュニケーションをとりながら、ホームページ制作を行いました。講師と手順を確認しながら、原稿をもとにホームページを更新しました。体験後半では、北特別支援学校とけやきの森学園を中継で結び、制作したホームページについて意見交換を行いました。


  • 北特別支援学校の様子

  • けやきの森学園の様子

体験会の主な内容

  1. 障害をいかした多様な働き方の紹介
  2. 遠隔コミュニケーション体験
  3. 職場体験
  4. 在宅勤務者からの体験談や伝えたいこと
  5. 質疑応答

今後も、子どもたちの「新たな自分の発見」や「勤労観・職業観の育成」を目的としたキャリア教育への支援を続けていきます。

  • 注1:在宅就労(テレワーク)体験会

    生徒が在宅就労についての現状を知り、進路に関して見識を広めることを主な目的として、東京都肢体不自由特別支援学校進路指導連絡協議会が開催。

ページの先頭へ